起業失敗!


起業の失敗例2

MENU

起業の失敗の問題は数知れずありますが、ありがちな失敗について、いくつか挙げていきます。起業する際の家族や友人の反対はおよそ半数が経験します。

また、年齢を重ねれば重ねる程反対される傾向にあります。家族に黙って起業した場合、成功すればまだしも、失敗の際は大変なことになり、収入減をごまかすためや手持ちの資金が不足して消費者金融や家の貯蓄に手を付けたりしてしまったという例があります。

家族や友人には、応援されて起業したいものですし、周りの人達をも説得できないのに、他人である客や投資家、金融機関を説得できるのかという疑問も湧いてきます。資金計画や経費、開業資金、事業の見込み、熱意などとことん話し合うことも必要です。また、起業時の借金には要注意です。

やむを得ず借金をする際は、計画的に無理のない返済計画を考慮した上でしないと取り返しのつかないことになってしまいます。そして、事務所は地下に構えれば格段に安くて静かです。しかし、終日エアコンや換気扇、照明もつけたままになるため電気代がかなりかかります。

起業するなら1人か偶数人数でと言われます。奇数人数で起業した場合、対立点があった場合に優劣がつく可能性が高くなり、内部分裂しやすいようです。一番失敗の原因になりやすいのが人間関係で、起業時の仲間や、従業員、取引先、家族などとの関係で、人間関係は壊れてしまうと修復は非常に困難になるので注意が必要です。