起業失敗!


起業の失敗例1

MENU

先ほども少し述べましたが、1年未満で脱落してしまう人起業家は、約40%にも及びます。勇気を出して一歩踏み出したにも関わらず、短期間で廃業に至ってしまう原因はどこにあるのでしょうか。起業するとまず、自分で仕事を探し、仕事を頂くというところから始めます。

そこで常に利益が出るようにやりくりしなくては赤字になり、仕事をするということで、かえって借金を増やすことになってしまいます。仕事をこなすスキルと、自分の能力を生かしてお金を稼ぐことは、全く別の能力ですが、それを見落としたまま起業してしまう人が多いのが現実です。競争相手がたくさんいる中へ何の戦略も立てずに飛び込んでは、とうてい歯が立たないことでしょう。

仕事の将来性を十分に検討し、事業計画をしっかりと立てて、起業することが大切です。また、個人で起業した場合は、何役も兼ねなければいけないので、人間関係が何より大切になります。仕事は人とのつながりで拡がり、人間関係の上に成立するものですので、仕事ができるとか技術力があるという以前に、関わる人々との友好的な関係を築いていく姿勢が大切になります。

1年目をクリアできた人達は、起業前に既に取引先を確保し、仕事上の付き合いも広く起業後は仕事を依頼したいというケースが多く、新規顧客獲得の費用は大きな経費の負担となるため、起業してから顧客を捜すのは遅すぎてしまいます。