起業失敗!


起業とは

MENU

起業とは、新しく事業を手がけることで創業ともいいます。第二次世界大戦後の日本では、終戦後と高度経済成長期になり、起業が積極的に行なわれるようになりました。独立性と新規性を持ち、開発志向で成長性を兼ね備えた事業をベンチャーと呼びます。

ベンチャーの起業は、1970年代、日本ベンチャー・ビジネス協会設立頃の第一期のベンチャーブームと、1980年代のハイテクブームを背景とした第二期ベンチャーブームがあり、その時代に急激に増加しました。しかしバブル経済崩壊後、起業は減少ぎみですが、近年インターネットが普及してからは、情報関連企業の起業が活性化しました。

起業して成功するための秘訣としては、自分の好きな商売を始めるのでなく、利益率や定期的な収入のある確実に上手くいく商売を始めることがポイントです。また、起業は決意さえあれば誰でも始めることができ、会社を設立するにしても最低資本金制度が撤廃されたため、手持ち資金で可能となりました。資本金が小額からでもはじめられるのです。はじめるのは意外と簡単かもしれませんが、大変なのは独立後です。

安定した収入を得ながら、会社を継続させていくことは、非常に大変なことです。起業してから成功する確率は、個人企業で起業した場合、約40%が1年以内に脱落しており、5年継続できる人は約25%、10年後まで生き残っている人は10%に過ぎないというデータがあります。そのくらい、社会で勝ち残っていくことは大変なことだと実感します。


【管理人推奨サイト】
失業保険エージェント・・・自己都合や会社都合でやむを得ず退職、失業してしまった場合に受給できる失業保険について無料で相談に乗ってくれるエージェントのサイトです。